気温・湿度の変化

店長の部屋

今週に入って一気に寒くなりました・・・。

暑さに弱く、寒さにも弱い私にとっては厳しい気候になってきました。

気温の変化で体調を崩しやすい時期ですが、

皆さまもくれぐれも体調にお気を付け下さい。

 

気温・湿度の変化は人間の体調だけでなく楽器にも影響を与えます。

特にギター/ベースは木材が大部分を占めています。

特にネックには弦の張力により数十キロの負荷が掛かっており、

木材だけでは強度面で不安が出てしまう為、

トラスロッドと呼ばれる鉄心が埋め込まれています。

トラスロッドを調整する事で、弦の張力とのバランスを整え、

ネックを適正な状態に保っています。

 

加工された木材であっても、微量ながら木部は空気中の水分を取り込んだり、

吐き出して乾燥したりといった「呼吸」を行いますが、

気温・湿度の変化に木部がシビアに反応し、木部の状態が変化する事で、

バランスが崩れ「反り」といった症状を引き起こします。

ネックの反りには主に2種類あり、、ネックの中央部分がネック裏側へ弓なりになる「順反り」、

ネックの中央部分が指板側へ山なりになる「逆反り」があります。

機体の許容範囲外の反りが生じてしまうと、演奏性やサウンドに悪影響を与えてしまいます。

 

「ぎゃああぁぁぁっっっ!!ネ、ネックが反ってるぅぅぅぅ・・・・っ!!」

 

となってしまっても、ご安心下さい。

トラスロッドの効きを調整し直し、再度バランスを整える事で適正な状態へ復活します。

 

しかし、ネックが反ったまま長期間放置プレイをしてしまうと、

ネックに反り癖がついてしまったり、適正な状態に戻したとしても、

フレットの状態がアンバランスになってしまったりなど、

後々の不具合に繋がってしまいます。

 

あんまり長くなってもアレなので、体調の管理は勿論、

この機会に楽器の状態も確認してあげて下さい!

 

メンテナンスは勿論、リペア・改造なども承っておりますので、

お気軽にご相談下さいませ!

 

ディバイザー製品専門店 SOAR MUSIC

Tel 078-222-7721 (受付時間 10:00-19:00 ※日曜定休)

取扱ブランド Bacchus / Momose / STR / Headway 他