リペア・改造日記~輝けるフレット~

リペア・改造日記

いつもご愛読ありがとうございます。

リペアスタッフの平です。

 

 

前回はくすみ肌の気になるアコギちゃんを美肌にしました。

傷もくすみもとれてぴっかぴかでしたね。

 

しかし欲張りなアコギちゃんはこれでは満足しません。

自分磨きに余念がありませんね。

今度はいったいどこを綺麗にするのでしょうか。

 

 

 

 

 

ということで冒頭の画像にもあったように

今回はフレットを綺麗にしていきます。

 

 

磨く前のフレットがこちら

 

 

 

大きなキズや摩耗は無いもののサビやくすみが気になりますね。

 

 

この様に長く使用しているとフレットも傷んでしまいます。

更に、弾く頻度の多い方だと各弦の下が摩耗でへこんでしまっていることもよくあります。

 

また、錆びた弦を換えずに弾き続けたりしてもフレットはすぐに傷んでしまうので気をつけましょう。

 

フレットが汚れたり痛んでいると、見た目が悪くなるだけでなく

ビビりや音詰まりの原因になったり、弦が錆びやすくもなります。

 

フレットは消耗品ですが、長く綺麗に使ってあげたいですよね。

 

 

 

そこで使用するのがこちらのツール

 

 

 

 

「サンディングラバー」と「指板守るやぁつ」です。

(名前が分からない…)

 

こちらを使ってフレットを磨いていきましょう。

磨く際は指板を傷つけないように気をつけます。

 

 

 

 

 

そしてひと通り磨いたのがこちら

 

 

 

緑っぽい錆びやくすみがだいぶ綺麗になりました。

 

こころなしか気持ちのくすみも綺麗になった気がしますね。

 

 

しかし、これではまだ終わりません。

 

 

次に使うのがこちら

 

 

 

「サンディングパッド先輩」と「銅磨きクロス大統領」です。

これを使って更に磨き上げていきます。

 

パッドにクロスを巻いて指板に当てないようフレットのみを磨くのですが、

何と言ってもこの銅磨きクロス大統領が凄まじい。

 

 

 

仕上がりがこちらです。

 

 

 

 

驚きの輝きです。

 

下手すると購入時より綺麗になってるのでは?

ってぐらいですね。

 

こんなにピカピカだと弾く時も気持ちがいいですね。

 

あなたの愛機もピカピカにしてあげたくなりませんか?

 

合言葉は、

 

 

「可愛いは作れる!」