リペア・改造日記~攻撃的(物理)なギター~

リペア・改造日記

毎度ご愛読ありがとうございます。

 

リペアスタッフの平です。

 

 

今回のタイトルは、

~攻撃的(物理)なギター~

となっておりますが、見た目や音が、という事ではありません。

 

まさに物理的に攻撃的…

そう、「フレットのバリ」です。

 

冬の乾燥する季節はどうしても「木やせ」というものが起きやすくなってしまい、

ネックが木やせを起こすとフレットの端がはみ出てきて

フレットのバリが出来てしまいます。

 

バリが出てしまうと、フィンガリング時に手に引っかかり、

弾きにくいだけならまだしも、最悪の場合ケガをすることもあったり…

 

こんな危険なバリはいち早く取り除かなければなりません。

 

 

という事で今回は「フレットのバリ取り」をしていきます!

 

 

作業① 出っ張りを削る

 

まずは指板の端から出っ張ったフレットのバリ本体を削っていきます。

 

 

こちらのギターはなかなかにバリが出ていますね。

触ると痛いレベルです。

 

削った後がこちら↓

 

 

指板の端にピシッと揃っています。

 

これで早くもバリ本体の討伐に成功しました。

しかしまだ敵は潜んでいます。

 

 

端を削った後のフレットはエッジ部分がとがっています。

エッジとはフレット断面の山の形の輪郭部分です。

 

このエッジがとがっていると、これもやはり手が痛くなります。

 

これも削っていきましょう。

 

 

最後に磨き上げれば完成です!

 

(画像の関係で分かりにくいですが)

ピッカピカになりました。

 

 

フレットのバリが気になる方は当店にお任せください!

 


 

ご注文・お問い合わせは当店にて承っております。

お電話もしくは、こちらの専用フォームからお気軽にお問い合わせ下さい。

Tel 078-222-7721 (受付時間 10:00-19:00 ※日曜定休)

ディバイザー製品専門店 SOAR MUSIC

取扱ブランド Bacchus / Momose / STR / Headway 他