Headway 工房風景 ATB 2017 HD-115 ATB ネックの後仕込み

ディバイザー情報, 工房風景

なかなか工場見学に来られない方もいらっしゃるかと思い、間近でヘッドウェイ制作の現場を撮影してきました。
動画にはBGMをつけていないため機械が動く音が入っています。音量にご注意ください( ^ ^ )

ただいま2017年特別制作モデル2017 HD-115 ATBの後仕込み作業中。
Aska Team Buildの製品ではボディーとネックをそれぞれ別々に塗装し、塗装を終えた段階で再度加工しネックをジョイントします。

■高精度な組み込みを約束する「後仕込み」

ボディーとネックはそれぞれ別々に塗装された後、伝統的な蟻溝工法によってジョイントされます。この様に塗装後にジョイントされる方式を「後仕込み」と呼んでいます。
現在この後仕込みを採用するメーカーはそれ程多くありません。ジョイント後にまとめて塗装を行った方が手間が少ないからです。その中でヘッドウェイがこの後仕込みによるジョイントを行う理由は、このジョイント部はそのギターが如何に高精度に作られているかが最も良く解る箇所だからです。後仕込みでは、ジョイント部に生じる隙間を塗装で埋める事が出来ません。その為、隙間無く正確に接合されていなければそれは一目瞭然となってしまいます。また、 これによりネックはさらさらとしたスムーズは感触のサテン仕上げ、ボディーは高級感あるグロス仕上げにそれぞれ塗り分けられています。ジョイント部に塗料の吹き溜まりのない美しい仕上がりも魅力です。

 

■2017 HD-115 ATB製品ページ
http://www.deviser.co.jp/headway/atb/2017hd-115atb


 

ご注文・お問い合わせは当店にて承っております。

お電話もしくは、こちらの専用フォームからお気軽にお問い合わせ下さい。

Tel 078-222-7721 (受付時間 10:00-19:00 ※日曜定休)

ディバイザー製品専門店 SOAR MUSIC

取扱ブランド Bacchus / Momose / STR / Headway 他