0時間目は音楽~楽器は育つ~

0時間目は音楽

明けましておめでとうございます!糸数です。

本年も、どうぞ宜しくお願い致します。

 

さて、2017年はじめの投稿は、楽器は育っていくという話。

「あぁーわかる!」

と思ってもらえる方も多いのではないでしょうか。

 

もちろん急に身長が伸びたり、10年後に一人で電車に乗れる様にはなりません。

楽器の成長=音の変化です。

 

僕も初めてこういう話を聞いたときはまだ高校生。

にわかに信じられず、都市伝説か聞く側の耳の変化だろうと思っていました。

 

耳の変化かどうかは未だに議論の余地がありますが、少なくともアコースティックギターでは音の成長はあるように感じます。

 

僕が個人的に使い続けているアコギは約10年前に手に入れたもの。

そこまで高い物でもなく、トップ・バック材なども比較的安いモデルに採用されるもので、ごくごく一般的なスペックです。

 

元々の音はジャキっとしていて、音抜けは良かったのですが甘さや奥行に欠ける印象。

今でも低音の不足感はあれど、いつからか抜群の高音の伸び、柔らかなミッドトーンが鳴るようになりました。

 

驚きも驚き。

 

ちなみにスキャロップド・Xブレイシングです。(といってもメーカーで違いあります)

 

10年という期間を経ていますから、単純に演奏技術が向上したのかもしれませんし、前述のように耳の変化があるのかも?

でも、このギターでレコーディングをした過去の曲も残っていて、この伸び感は初期には無かった音響でした。

 

このまま何十年も使い続けられれば、もっと良い音になるのかもしれません。

ストラディヴァリなんかは300年前のヴァイオリンですが、現在の名だたるヴァイオリニストがこぞって使っている(ほぼリースです)のにはこういう理由があるんでしょうか。

木の含水量が影響しているとか、振動性が良くなるとかいろいろな憶測が出来ますが「音の変化」七不思議の一つと言っても良いと思います。

 

奥深き楽器の世界。

諸行無常ってことですか。


ご注文・お問い合わせは当店にて承っております。

お電話もしくは、こちらの専用フォームからお気軽にお問い合わせ下さい。

Tel 078-222-7721 (受付時間 10:00-20:00 ※日曜定休)

ディバイザー製品専門店 SOAR MUSIC

取扱ブランド Bacchus / Momose / STR / Headway 他