0時間目は音楽~終わらない追求その参~

0時間目は音楽

スタッフの糸数です。

 

前回のりたまの話をしたせいでとっても食べたくなっているのに、そこはあえて食べないという苦行中の糸数です。

 

さて、前回は歪み系音作りのことについて触れました。

今回は一部実機の紹介など。


What is “バッファー”and”トゥルーバイパス”?!

 

エフェクターの中にはこんな説明文もちらほら。

「音痩せを防ぐトゥルーバイパス仕様です!!」

トゥルーバイパスというのは、エフェクターがOFFになっている際「このエフェクターはいないことにしまーす」

という機能です。

OFFにすればサウンドに何の影響も及ぼさないなんて、良いでしょ。といった感じで、主流といえば主流です。

確かに何台もエフェクターを繋いだりした時には、ノイズや音痩せとか気になりますよね。

ただし、トゥルーバイパスだけが必ずしも良いとは限りません。

トゥルーバイパスの特性で、ギターから送られる電気信号はかなり抵抗値の高い状態のまま。(つまり影響を受けていない)

その状態でエフェクターをONにすると、ポップノイズ(ON/OFF切り替え時のノイズ)が発生する場合もあります。

 

一方バッファードバイパスですが、平たくいうと「繋ぐだけで常にサウンドに影響を及ぼす」タイプです。

%e3%82%b1%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%82%a6%e3%83%ad%e3%82%b9

(バッファードの代表ケンタウロス)

 

 

常に影響されている=電気抵抗が低くなっている、ですので当然ポップノイズは発生しません。

しかし一方で、基本アンプ直タイプからすればバッファーはきっと邪魔です。

なぜならOFFにしてもケンタウロス臭がするからです。

ケンタウロスユーザーからすれば「俺はいつもあいつを感じたいから繋ぐ!値段高いけど!」といったところかもしれませんね。

 

どちらが良い悪いではなく、これはトータルの設定環境を軸に、好みを入れていくというバランスで考えましょう。

そう、

 

設定環境=ごはん

好み=のりたま

 

です。

苦行は続く


ご注文・お問い合わせは当店にて承っております。

お電話もしくは、こちらの専用フォームからお気軽にお問い合わせ下さい。

Tel 078-222-7721 (受付時間 10:00-20:00 ※日曜定休)

ディバイザー製品専門店 SOAR MUSIC

取扱ブランド Bacchus / Momose / STR / Headway 他