リペア・改造日記~オイルフィニッシュの手入れ~

リペア・改造日記

毎度ご愛読頂き誠にありがとうございます。

リペアスタッフの平です。

 

今回はオイルフィニッシュの施されたギターのメンテナンスについてです。

 

オイルフィニッシュとは塗装方法の一つで、

一般的によく見る光沢のあるグロスや、艶消しのマットな仕上がりのようなものは、

基本的に液体塗料を吹き付けて塗装しています。

 

しかしこのオイルフィニッシュは、専用のオイルに着色をし、(ナチュラルは着色しませんが)

それを直接木材に塗り付けていきます。

 

これにより、液体塗料のように分厚く覆われることなく、

限りなく素のままに近い状態に仕上げることができ、

木材の振動を損なわず豊かな鳴りを得られます。

 

しかしもちろん液体塗料のように固まらないので、

耐久性は劣ってしまいますし、時間とともにオイルが抜けていってしまいます。

 

なので定期的に今回のような手入れが必要になってくるので、

オイルフィニッシュのギターをお持ちの方、

もしくは気になっている方は是非参考にしてくださいね。

 

 

さて、実際に手入れしていきますが、やることは簡単です。

まず用意するのは、メンテナンス用のオイル・使い捨ての布切れx2

以上です。

 

そして作業も簡単。

ひたすらギターに塗り込みましょう。

 

塗り込むときの注意は、ベタベタになるまでつけるのではなく、

まんべんなく広がる様にうっすらと塗り付けましょう。

 

また、弦やピックガードなどは出来るだけ外し隅々まで塗り込みましょう。

木目に沿って塗り込むと浸透しやすいですよ。

 

実際のビフォーアフターがこちら。

 

 

塗った後

 

 

明らかに色合いと艶のレベルがが違いますよね。

 

このように保護するためだけでなく、

汚れを落とし色の深みも増しましで見た目もビューティーです。

 

最後は表面に余ったオイルを布で拭き取ってあげます。

これをしないと表面にほこりなどが付着し、また汚れの原因になってしまいますからね。

 

 

貴方の楽器もこまめな手入れで美しくしてあげて下さいね。

 

 


 

ご注文・お問い合わせは当店にて承っております。

お電話もしくは、こちらの専用フォームからお気軽にお問い合わせ下さい。

Tel 078-222-7721 (受付時間 10:00-19:00 ※日曜定休)

ディバイザー製品専門店 SOAR MUSIC

取扱ブランド Bacchus / Momose / STR / Headway 他